All archives    Admin

10月≪ 2017年11月 ≫12月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

2017'05.04 (Thu)

お祭り

201705041.jpg

どぉしよっかなぁ……

と、思いつつも、今年が最後なので、やっぱり行ってきました!

若い頃はパワーがあり、人混みも苦手ではなかったのですが、
最近、すっかりめっきり気力と体力の衰えを感じます。

っていうか、感傷的になるんですよねぇ。

幼いユースケを連れて、よく見に行きましたし、
一緒にボランティアで、ゴミ拾いもしました。

その時の楽しかった思い出が蘇り、
今年は楽しいというよりも、
プチ涙目になりながら散策してきました。


201705042.jpg

メイン会場は、ここですが、
他にも街中至る所に大小の舞台が設置され、
何かしら歌ったり、踊ったり、賑やかにやっています。

見るよりも舞台に立って見られるほうがが楽しいというのが、
この街の人たちの価値観です。

私がこの街に来たのが26歳だったため、
ここで育つとか、20代前半を過ごしていれば、
舞台に立っていたと思うんです。

実際、学生時代は、1万人の第九で歌ったこともありますし、
市民ミュージカルで舞台に立ったのも懐かしい出来事です。

でも、33歳の時、保育園の運動会で、保護者がソーラン節を踊った時、
私、もう筋肉痛が酷くて、参加したことを後悔しましたもん。
ソーラン節は大きく股を割った姿の時、筋肉疲労がピークに達するんです。
アレを知ってから、踊りは私には年齢的に無理だって理解しました。

まぁ、日本舞踊とかフラダンスは、年を重ねても出来そうですけど、
記憶力が……大問題です!

私、振り付けを覚えられません!

歌って踊れるアイドルには、生まれつき不向きだったのでした。


201705043.jpg

こちらは、パレードのために移動している皆さんで、
昨日は豪雨でパレードが中止になり、
お馬さんも避難に大変だったことでしょう。

このような伝統的なスタイルの皆さんが、パレードの先頭に立ち闊歩し、
その後、市民の皆さんが自由に練り歩くというのが、
この祭りの歴史的背景を裏付けているのでした!

はい、一人で歩いていると、
幼かったユースケがはしゃぐ姿も目に浮かぶんですが、
祭りは、今年が見納めです。
スポンサーサイト
21:29  |  life  |  TB(0)  |  CM(3)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

最後

物事には必ずついて来る ” 最期” です。
悲しくて、寂しくてやりきれない気持ちです。

こんなに悲しいのなら、最初から全部忘れてしまいたいと、、
でも、それでは生きていた意味がありません。

では、

では、最後さえもキチンと楽しまなくてはイケナイと、
目の前の景色に眼をとられて、一瞬のまばたき、
「ああ、キレイ」 と、思う時を脳裏に刻んで、、最後も美しかったと感じておきましょう。

なぜなら、またいつか、、思い出して、
もしかしたら、その時には懐かしい ” 最期 ”  の光景と感じるのかもしれませんから、

新しい生活にキラキラ、、飾り付けられる星の影に、最後の思い出も張り付けておきましょう。
フゥーさん | 2017年05月05日(金) 08:29 | URL | コメント編集

訂正

影ではなく陰でした。
フゥーさん | 2017年05月05日(金) 11:32 | URL | コメント編集

フゥーさん

フゥーさんがおっしゃる言葉が、身にヒタヒタと沁みてきます。

否定するわけでもなく、華美に装飾するわけでもなく、
過去の思い出は、ありのまま、大切に自分の中で包んでいきましょう。

自分が生きてきたという証です。

それこそ最期の時に、走馬灯のように駆け巡るかもしれませんね。

そして今は、新しい生活に向けて前を見ましょう!


フゥーさん、いつも私を導いてくださるコメント、ありがとうございました。
ちよこ | 2017年05月05日(金) 19:10 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://chyococo.blog42.fc2.com/tb.php/2712-83e0773e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |