All archives    Admin

07月≪ 2017年08月 ≫09月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017'07.30 (Sun)

親友に会いに行く

引きこもり気味生活を送っていた私ですが、
昨日、親友とランチをするため、街に出掛けてきました。


実は、もう7年以上、不安障害を患っている私が、
最初に【自分はオカシイ】と、感じたのは、
友人と2人でランチを食べた後、店を出て歩いていた時
で、
そのとき、雲に浮くようなフワフワ目まいに襲われ、
慌ててタクシーで帰宅したのでした。

その日のランチでは、一方的に悩み相談を聞かされていたので、
そのストレスが、発症のトリガーを引いたんですね。

そういうトラウマもあり、昔は人と喋るのが大好きだった私なのに、
対人緊張が高まり、具合が悪くなるため、引きこもり気味となってしまいました。

ただ、先週の精神科のクリニックで、頓服をいただいたことから、
それを命綱にして、ちょっとだけ冒険をしてきたんです、昨日は!


高校時代からの親友というか、私の人生で1番の友達と、
駅ビルで待ち合わせ、一緒にランチとお喋りをしてきました。

12時から15時まで店に滞在しちゃったため、
まぁ、満席ではなかったのですが、店の方には睨まれました~~~。

スミマセン。

本当は11時の開店と同時に入り、ランチを済ませたら、
お茶は別の店で飲もうと決めていたのに、
私の体調が悪くなって、12時まで休憩用の椅子に座ってたんです。

今までなら、その時点で、即帰るのですが、
頓服を増やし、しばらく様子を見ていたら、なんとか復活でき、
ランチを楽しむことが出来ました!!!

進歩だ! 進歩だ! クララが立った!

いやぁ、大親友の話しが、初発時と同じく、暗めの人生相談になってしまい、
そこで昔と同じような気分になり、クラクラしてきたんですよね。
ただ、それは私たちの年齢では避けられない話題です。

彼女のお母さんが、1か月前、ガンの疑いで入院し、
卵巣と子宮の全摘をしたという内容で、
まぁ、おかげさまでガンは初期で転移もなく、全摘で終了となったそうです。

独り身で働く彼女は、職場の夏休みを前倒しして、
1週間、入院中の母親に付き添っていたとのこと。

お父さんは健在なのですが、目が不自由なため、
住み慣れた家では1人で過ごせても、病院は無理なんです。

こうなってくると、夫婦2人で暮らしており、
お父さんの世話をするお母さんが長生きするしかありません。
お母さんが早期にガンを切除でき、本当にヨカッタです!!!

彼女には遠方で暮らす弟さんもいますが、
弟さんには奥さんとお子さんがいて、自分の親の介護は無理なんです。
既に奥さんの実家の横に家を建てましたしね。

「父さんと母さん、どちらかが倒れた時点で、私が介護離職やわぁ」

と、親友が語るのが、まぁ、現実的な解決策なんでしょう。

私も、これまでよりは、はるかに近くに住んでいるので、
これからは彼女や彼女の両親と一緒に、年を重ねていきますわ!
スポンサーサイト
17:24  |  life  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

おはようございます。
親にとって娘がそばで暮らしてくれるのは、心丈夫ですよね。
我が家でも、孫が小学校に通うようになって放課後我が家に来る約束で近くに住む事になりました。
嬉しいやら・・・責任重大で頑張らなくっちゃ~。
ピーちゃんこ | 2017年07月31日(月) 04:17 | URL | コメント編集

よかったですね~ 頓服の効果絶大ですね。これで行動範囲が広がりますね~ 日常生活が変わりますよ きっと。
でも徐々に・・・がいいんでしょうね
自遊自足 | 2017年07月31日(月) 04:54 | URL | コメント編集

仲間

家族以外にも、仲間の存在の大きさ、感じる事が多くあります。

家族だから、口に出さないコトもありますから、(勿論、気持ちは伝わっているのですが、、)

そんな塞がった想いを話せるのが仲間なのでしょう。
どちらかと言えば、聞くコトが多い私ですが、
古い仲間の中には、私のを聞いてくれる男が居ります。

ただ、ソイツ、、物忘れが激しくて、この間の話!
次には忘れているのです。

「なんだっけ?」と、笑顔なのです。
その男も、8月には手術!

「オマエともお別れかも知れない」と、お互い、、笑い話、、
次に合っても繰り返すのでしょうね。
マーニ | 2017年07月31日(月) 07:32 | URL | コメント編集

ピーちゃんこさん

ピーちゃんこさんのように、娘さんのお孫さんを近くで預かるというのが、
今の時代、もっとも理想的な育児環境だと思います!!!

ユースケの小学校の放課後は、学童保育を利用していましたが、
学童は合う子と合わない子がいるので、
合わなかった時は、家で1人でお留守番になってしまいます。

ユースケは今になって、

「学童保育はイヤだったし、家に帰れる子が羨ましかった!」

と、言っていますが、
親としては、いろんな学年の子たちと深い絆を結ぶことができ、
ヨカッタと思っています。

学童保育にしても、婆ちゃん&爺ちゃんがみるにしても、
そのお子さんにとって、良い経験になるといいですよね!

ピーちゃんこさん、頑張ってくださいね!!!


コメント、ありがとうございました☆
ちよこ | 2017年07月31日(月) 19:03 | URL | コメント編集

自遊自足さん

はい、徐々に、ゆっくり、暑い時期ですし、身体と心を慣らしていけたらと思っています。

急に頑張り過ぎると、リバウンドが怖いですもんねぇ~~~。

頓服があると、薬の実際の効き目と一緒に、プラセボ効果もあるんでしょう。

はい、自遊自足さんとこまで遊びに行けるのも目標の一つとして、ぼちぼちです。


コメント、ありがとうございました☆
ちよこ | 2017年07月31日(月) 19:07 | URL | コメント編集

マーニさん

はい、おっしゃる通りで、
家族にしか話せないこともあれば、
家族だからこそ話せないこともありますよねぇ~~~。

マーニさんは、素敵な友人たちに囲まれていらっしゃいますが、
でも、それはマーニさんのお人柄があってのことですもん!

友情は失うのは簡単ですが、継続するのって大変だなぁって、
この頃、よく考えさせられます。

でもでも、言ったことを忘れてくれるというのも、立派な友人としての仕事ですよね。
8月の手術が成功することを、私も祈っております。


マーニさん、コメント、ありがとうございました☆
ちよこ | 2017年07月31日(月) 19:11 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://chyococo.blog42.fc2.com/tb.php/2773-2db56fc4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |