All archives    Admin

05月≪ 2017年06月 ≫07月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

2017'06.18 (Sun)

転居通知

田舎に引っ越し、2週間は過ぎましたが、
62円に値上げした官製はがきを買い、転居通知を友人に送りました。

6月というのが微妙な時期で、
年賀状まで引っ張るにはチョット長いですし、
今の時代、暑中見舞いも出さないので、
シンプルに転居通知にしたのでした。

ややこしい話しになるのですが、
我が家は転勤族で、父の会社の本社が置かれた県に、
私が幼稚園児の時、家を建てたんです。

しかし、家を建てたものの、すぐに支社に転勤となり、
父が本社に戻ったのは、私が高校生の頃でした。

その後、私は関西で栄養士の専門学校に行った後、
社会人を経験し、再度、大学生になりました(親不孝な娘です)。
その大学の4年間は、実家から通ったため、
私の地元での友人は、多くが大学生の時に出会った人たちなんですよ。

なので、実家といっても、住んでいたのは4年ほどしかなく、
幼馴染が近くにいるわけではありません。


それでも、大学の4年間はヒマだったこともあり、
学生時代のサークルの友人、当時の大学の図書の司書の方々、
そして、バイト先の社員さんたち、市民ミュージカル仲間……
これらの人たちとは、ずっと年賀状でやり取りをしてきました。

その人たちにハガキを出すと、たぶん、すぐに、

【ちよこが帰ってきたので、歓迎会をやろう!】

という話しになると思うんです。

当時の私はテンションが高く、機動力抜群の元気娘でしたからね。

でも、今や不安障害を抱える身で、人前に出るとドッと疲れてしまい、
なかなか久しぶりに再会したいという気持ちにはなれません。

昔の元気印の私を期待されても、演じる気力もなく、
こんな自分の姿が情けないのですが、
終の棲家と思って帰ってきたこともあり、
今まで培ってきた友情は、今後も大切にしたいといんです。

なので、遠方の方には、無難なコメントを手書きで入れたものの、
会える距離の方には、正直に書きました。

「心の病気で療養中です
 お会いしたいのですが、
 元気になったら連絡しますので、しばらくお待ちください」


もう、最初から白旗を振るじゃないですけどぉ、
正直にカミングアウトしました。

こんな状態の自分を惨めに思う気持ちもあり、
隠すだけの余力があれば隠したいのですが、そんなエネルギーもなく、
カミングアウトこそ真の強さだと思うようにしました。

すると、たぶん1番に、連絡が来るだろうなって思っていた友人から、
ハガキが到着したであろう、その日にメールが来ました。


【お久しぶり~(*^^*)
 ハガキ受け取りました。ありがとう
 Aさんとまた会いに行くから焦らないでボチボチやってね。
 また落ち着いたら連絡してね】



ほんと、泣いてしまいましたよ。

今、ブログを書いていても、涙が出てきますもん。

理解してもらえるって、ありがたいですね!!!
09:39  |  life  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑

2017'06.16 (Fri)

東京土産

201706162.jpg

20年近くパートナーと一緒に暮らしてきましたが、

「あなたの私への理解って、こんなもん?!」

という衝撃の東京土産をもらいました。

もちろん、これだけではなかったのですが、
コレ以外は、お菓子で、消費したらなくなるものだったんです。

っていうか、ボールペンも使ったら書けなくなるけど、
芯を取り換えてでも使えっていうことなんでしょうかね。

はい、パートナーはユースケの部屋の掃除に2日間費やしたため、
1日しか東京観光が出来なかったのですが、
上野に、パンダではなく、シロナガスクジラの巨大な像を見に行ったんです。

それが『国立科学博物館』であります。

で、形が残る唯一の土産が、この名称が入ったボールペン2本

裏には、

【かはくショップ ¥108(税込)】

というシールが貼られていましたよ。

まぁ、ボッタクリではなく定価のボールペンなんでしょう。

でも、学問の神様を奉った神社の名前入りボールペンなら、
まだ、理解できるんですよ。
賢くなりそうっていうご利益が感じられるじゃないですか!

けど、【国立科学博物館】という名称が入ったボールペンに、
私は、コレといって心が動かされないんですけど、
コレをもらって、

嬉しい!

って、喜んだ姿を見せるべきだったんでしょうかね?

ほんと、ギャグにもならないっていうか、

「他に何かなかったの?!」

って、口から出そうになりましたけど、
とりあえず無言でスルーしたのでした。

子どもだったら、

「私も将来、科学者になって、ノーベル賞をもらうんだ!」

って、喜ぶんですかね。
21:22  |  life  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑

2017'06.15 (Thu)

偶数月の15日

田舎で暮らすようになり、自転車を買いました。

その自転車に乗って、1日1回、ご近所を散策しながら、
ポケストップとスーパーに通うのが、私のルーティンです。

ただ、暑さが厳しくなってきたこともあり、
どこまで続けられるかは、今の所、体力次第ですね。
徐々に午前中の早い時間に移行しており、そのうち消滅するかも……。

で、自転車で走っていても、
普段は、ほとんど人の気配が感じられません。
保育園や幼稚園の傍を通ると、子どもの声が聞こえてくるという、
閑散とした住宅街なのですが、
今日は久々に大勢のお年寄りを目にして、何があったのかと思いました。

「確かスーパーが、
 お年寄り限定のポイント倍増セールをやっていたよなぁ」

と、ぼんやり考えてみたり。

ただ、スーパーに隣接している銀行のキャッシュコーナーでも、
郵便局でも、大勢の年配の方が並んでいたので、
やっと理解できたのでした。

これって、分かる人には、すぐに分かるんでしょうね。

偶数月の15日

それは年金を受け取る日

まぁ、15日の曜日によっては、早く受け取れるようですが、
年に6回の年金支給日には、朝から大勢の方が、
現金を引き出すために、殺到していたのでした。

それを、冷ややかな目で見てしまう48歳、ちよこであります。

「私が年金をもらえるのって、70歳になってるんじゃない?!」

う~~~ん、70歳まで生きているのかしら?!

っていうか、それ以前に、
我が家は国民年金を払いたくても、
収入が低くて払えなかった時期が長いんで、
もらえる額なんて、雀の涙!

それなのに、息子がお金のかかる東京の美大に通ってるなんて、
なんて矛盾した生活設計なんでしょ。

パートナーは板さんなので、一生、働くって言ってるけど、
私みたいに身体を壊したら無理だもんねぇ。

もう先のことは考えないキリギリス思考でやっていかないと、
私が不安障害から回復することは出来ないんで、
今は、とりあえず、年金のことは頭から追い出し、
私も小銭を稼げるように元気になりたいです!!!

でも、我が家に振り込まれる金額だったら、
年金を現金で引き出すと、水道光熱費の引き落としが出来なくなりそう。

あぁ、並びたくても並べませ~~~ん!!!
17:13  |  life  |  TB(0)  |  CM(8)  |  EDIT  |  Top↑

2017'06.13 (Tue)

父親はつらいよ

かつて、『男はつらいよ』という映画がありましたが、
今は、『家族はつらいよ』だそうですけど……
この映画の主演俳優さんが、息子さんの不祥事で謝罪していましたよね。

私からすれば、
成人した息子さんの起こしたことで、親が謝罪するというのは、
芸能人ならではの話しだと思います。

で、今日のタイトルは『父親はつらいよ』です。

男もつらいし、家族もつらいけど、父親もつらいんですぅ。

特に我が家の場合、息子は18歳という、
成人に今一歩足りない年齢ですんで、これは親の責任ですよね。

はぁ~ぁ、一人暮らしをさせた時に、子育ての真価が問われるとは!

なんか情けないというか、悲しくなってきて、
ブログを書く気力も湧かないほどです。
(コメントの返信は、明日にさせてもらいます、スミマセン)

というのも、昨日、仕事が決まる前にということで、
パートナーが上京してユースケの部屋に入ると、

そこはゴミ屋敷だったのでした!

何日も洗っていない皿と、出していないゴミと、
積まれた段ボール箱に、干した形跡のないクシャクシャの衣類

何時間もかけ、やっとたどり着いた息子の部屋、
しかし、掃除と整頓のために、
父親は100円ショップを3回往復したそうな。

それでも片付かず、今日も1日かけて収納道具を揃えたり、
洗濯をしたり、父は息子のために頑張ったのでした。

で、息子はというと、汚部屋をなじられ、親子ケンカです。

父は立腹し、

「もう、アイツの部屋には泊まらない!」

と、2日がかりで片付けた後、
今日は東京駅の近くに、急遽、宿をとったのでした。

そして、予定では明日は1日東京観光をして、
夕方の新幹線で戻ってくるはずだったのですが……

なんと、入居前にするはずで、支払い済みの『害虫駆除』を、まだしておらず、
不動産屋さんと駆除業者さんが頭を抱えていると、
夕方、ホテルで休んでいる父の携帯に電話が入ったのです!

「もう限界なので、何とかしてください」

と、言われ、

「明日は1日、私がおりますので、空いた時間に来てください」

と、答えた結果、
東京観光はつぶれ、息子のいない部屋で、
ひたすら害虫駆除を待ち続けることになったのでした。


あまりにも不憫なので、もう1泊できるよう私が宿を予約しましたよ。

ガイド本も買って読み、いろいろ行きたい所があったんですから、
ちゃんと観光したいですよねぇ。

父親はつらいよ!
21:36  |  life  |  TB(0)  |  CM(14)  |  EDIT  |  Top↑

2017'06.11 (Sun)

胃袋をつかむ

201706111.jpg

男性が、『この女性と……』と、結婚の決め手となるのが、

【胃袋をつかむ】

ことなんだそうですが、
最近、この言葉を、よく耳にするようになりました。

まぁねぇ、【美人は3日であきるけど、ブサイクは3日で慣れる】
とか言われても、やっぱり食事は一生ものだし、
健康寿命を左右するので、そりゃ大事ですわな。

で、今回、うちのパートナーは、
義理の母親である私の母の胃袋をガッチリつかみ、
モテモテで、ございます!


皆で買い物に行っても、生鮮食品の目利きが出来ることもあり、
母は大喜びですし、その後、料理も作ってくれるので、

ありがたや! ありがたや!

今は、まだ仕事が決まっておらずヒマなので、
私よりもパートナーのほうが調理を担当する機会が多いんです。

まぁ、明日からパートナーは1人、
ユースケの暮らす部屋に2泊3日で遊びに行くので、
それが終わってから、本格的に面接を受けに行く予定です。 

パートナーは料理が出来るというか、まぁ、プロなんですけど、
母とパートナーが仲良く台所でお喋りしている姿を見ると、
私は同居のストレスが減り、助かっております。


これが、料理上手の長男の嫁さんだったら……
長男さんは母と妻の間で、

「どっちの料理が美味しい?!」

と、バトルの狭間で苦しんでいるんでしょうね。
20:08  |  life  |  TB(0)  |  CM(8)  |  EDIT  |  Top↑
PREV  | BLOGTOP |  NEXT